スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカ

娘さんのために。

飯碗です。

どなたも家族のため、友人にたのまれてなどなど、一つと言わず、これまで幾つも作られているとおもいます。

それだけたくさんの飯碗を僕も見てきたんですけど、中でも1、2を争う超個性派な逸品の誕生です。

----
色々な要素の混在、抽象的、原始的なイメージ、深くて強い彫り…頭に浮かんだのは、アフリカ!(◎_◎;)

作者に伝えたら笑われましたがσ(^_^;)

まあ、実物を見たら皆さんの中にも「アフリカ 」って思う方がいると思うんですがね~(^ー゜)

ご自身によると、どうやらこんな感じで制作にのめり込んでいるのが好きなようで、自覚してきたとのことでした。

実際に細かい作業が長時間続いても、ずっと集中されていますし、かと言って、一つのイメージに囚われずに柔軟に変化していきながら完成に向かっていく。

無理無く自然体で楽しんでいるのがよく伝わってきます。

とてもいいスタンスで制作出来ているとおもいますよ。

ますますディープなマイワールドを…今後も期待しますね。
さとー

IMG_5873.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

トップギア

明けましておめでとうございますm(_ _)m

教室で年末のご挨拶をしてしみじみとした気分になっていたのはたった二週間前ですが…きっちりと切り替わるものですね。

新年の始まりは火曜日から。

ご挨拶を済ませ、それぞれのペースでスタートされていました。

人数が少なかったせいか何となく慣らし運転みたいな雰囲気があった様に感じましたが、そんな中で、いきなりトップギアで走り始めた方がおられました。

そのときたまたま窯詰めしようと並べた作品を目にした途端、「これ作りたいです!」となって、あとはもう勢いのままに。


午前、午後の二コマかけてお雛様が完成するまで、ぐるぐるイメージを膨らませて転がして、終盤になる程にノッていく感じが印象的でした。

ちなみに元作品はもっと小さいです。

今年も意欲的な一年になりそうですね(^ ^)
さとー


IMG_8202.jpg

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

ガラッと

25日、年内最後の火曜日の教室はクリスマスでした

イルミネーションがチカチカ綺麗だったお店が今夜のうちに(ガラッ)と正月仕様のちょっと地味めのディスプレイに代わるんですね
(^。^)

皆さん準備がお忙しいのか、出席される方が少なくて寂しかったです。

その分質問には多少時間をかけて対応出来たかなと思いますけど。

あとは上絵の窯出しをしたのですが、ありがたい事にどれも鮮やかに焼き上がっていました( *`ω´)

失敗なしです。

酸化と還元は前週に窯出しが済んでいて、持ち帰られていたため、残念ながらほとんどの作品を見れませんでした。

ただ、どれもうまく仕上がっていたとのご報告はいただきましたけどd(^_^o)

さて、お正月をはさんで新年スタートするのは8日です。

変異型ノロウイルス(´Д` )が流行っているとかで怖いですけど、また元気に新年のご挨拶をしたいものです。

みなさん良いお年をお迎えくださいm(_ _)m

追伸、写真はサンプルで作ったヘビの焼き上がりです。

一ヶ月位前には焼き上がりをお見せしたかったです、、、


さとー
IMG_7776.jpg

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

年内最後の窯

年内最後の本焼きの準備に追われています。

あと数日で辰はさようならですね。

皆さんの『巳』作品は、だいたいこの窯で焼ける事になりますので、楽しみにしていて下さい。

また窯出しの後、上絵が連続してあります。

時間に余裕は無いので、予定されている方は、準備をお願いします。

それから、冷却還元を希望されていた方々には、最終的に年内の予定に入れられず、すみませんでした。

この件はスタッフで話し合ってみようと思います。

寒いし、忙しいし、ノロウイルス流行っているし、選挙あるしで、ぐちゃぐちゃですけど、まずはあと少し、なんとか乗り切りましょう。さとー

IMG_4274.jpg

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

もう師走ニョロ

撮影にあたり、勝手に雰囲気出してみましたが、大小2匹の蛇に作者のイメージは夫婦?親子?どんなんでしたか?

この日は、朝から夕方まで、ずっと集中して素焼きが済んだボディの印華部分を釉上彩で丁寧に着彩しました。

紫、オレンジ、黄など、かなりアグレッシブな色使いや、デザインが作者の持ち味なんですが、今作は封印。

かなり意識しての優しい印象


先日、木彫りの干支の職人さんがインタビューで「いかに気持ち悪くしないかに、1番苦労しました」と話していましたが、そういうことなんでしょうね。きっと

とにかく、時間をかけて、いろいろ悩みながら塗りあがった作品は、写真でおわかりでしょうが、可愛らしい仕上がりになりました。

いつもと違う難しさを皆さんも感じられたと思います。

想像していたよりも……どうでしたか?

もう師走。

年内最後の窯まであと少しです。

なんとか間に合うように!(◎_◎;)ですが、釉薬や着彩で時間の許すかぎり遊んで下さい。
さとー

IMG_9848.jpg

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

tenmabashi

Author:tenmabashi
大阪よみうり文化センター天満橋校の陶芸教室。
スタッフによる教室紹介。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。