スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリキュラム その7



初級のカリキュラムもだんだん進んでいくと、段取りによって、予定の順番が入れかわった方が都合がよかったり、
新入会の方がまとまって行う方がいい課題もでてきます。

成形としては、次の課題は大物ということになっているのですが、これは、これまで学んだ課題の技法から自由に選択します。サイズも高さが30cm、径は20cmまでが大体の目標となっていますが、これは、花瓶のような背の高いものか、
鉢のような幅の広いものをしてもらう課題として教室が開講以降、少し変化しています。
実はカリキュラムのもう少し後に赤土を使って、鉢を成形し、白化粧を塗り、掻き落しをするというのがあります。
それと、いつのまにやら混合してしまったのです。

というのも、花器よりも鉢を選ぶ方の方が多く、鉢なら掻き落しをしてもらうという流れが、できたのでしょう。

で、写真の作品も赤土で鉢を成形してけずり、乾燥してしまう前のまだ湿気の十分あるうちに白化粧をできるだけムラなく塗り付け、その白化粧が少し乾いたら、うっすら鉛筆やインクなどで下書きをして、線の太さなどで道具を選んで
その塗り付けた白化粧を削り落としていくと、下地の赤土との色の差で模様となります。これを掻き落しといいます。
現在は教室には黒化粧もありますので、白土X黒化粧のパターンもできます。

模様の入れ方や柄の大きさ、掻き落とす線の太さ、白化粧の塗る面積などによっていろいろな雰囲気を楽しめると思います。           
   (正吉)
スポンサーサイト
プロフィール

tenmabashi

Author:tenmabashi
大阪よみうり文化センター天満橋校の陶芸教室。
スタッフによる教室紹介。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。