スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リボン⇒結ぶ

大きな楕円形の皿に大きなリボンを2つくっつけて出来上がり。

2個目以降ならタイミングよく丁寧に作業すれば特に問題はありません。

ただ、最初のイメージを形に起こすことはなかなか難しいことなんです。

はじめ薄い土の板を結んでみたそうですが、どうもリボンの雰囲気が出ない。

これはそもそも土と布は全く違う素材だというところから考えてみないといけません。

「リボン⇒結ぶ」は制作のにおいては思い込みですので、抜け出さなくては(^_^;)

方法の一つとして、結べないなら塊をくっつけて削り出すことが考えられます。
他には幾つかのパーツにわけて組み立てることも出来そうです。

ともあれ幸いこうして出来た作品はイメージに近かったようでしたから、大満足でした。

表現力や丁寧な作り込み、釉掛けなど焼けるまでは全部が大切なのはもちろんですが、まず最初にわくわくするようなイメージがあったら、後の作業の手つきも変わってくるような気がします。
さとー
2011061418070001.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

tenmabashi

Author:tenmabashi
大阪よみうり文化センター天満橋校の陶芸教室。
スタッフによる教室紹介。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。