スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石ころ焼き上がりました。



以前、さとー先生が記事を書いてくれた作品が冷却還元で焼き上がりました。

前の記事(スッキリってタイトルです。)にも書かれてましたが、色泥しょうを表面にちらせてあるのが
とても効果的で、ほんとの石のような全体の雰囲気と人工的に開けられた口のカタチの対比が
さらに作品のおもしろさを与えていますね。

手びねりのひもづくりで、ふくらんで、またとじていって、一度完全に閉じてしまいます。それから
自然な石のようになるように軽石などを押し付けたり、たたいたり、歪ましたり、けずったりしながら、
カタチをつくってから、
口を開けてというように成形されました。

ふくらんでとじていくのは技術的にも、簡単ではありません。よくできています。
今回の狙いどうりの自然感がしっかり出せました。

こういう作品はもっとたくさん並べてもおもしろいと思いますね。
                          (正吉)
スポンサーサイト
プロフィール

tenmabashi

Author:tenmabashi
大阪よみうり文化センター天満橋校の陶芸教室。
スタッフによる教室紹介。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。