スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまいちど、気をつけてほしいのです。



今日はいまいちど、釉薬をかける前に、その釉薬の濃さに気をつけてほしいのです。

写真の作品は教室のトルコマット釉を還元焼成で焼いたものです。
色はとてもきれいですが、底まで流れて、敷いておいたハマ(せんべいなどとも言います)に
くっついてしまいました。。

実のところ、釉薬は流れるぐらいが一番きれいなどとも言われるぐらい、分厚くかける良さもありますが、
棚板にくっつくと、かなづちでたたいたりグラインダーなどの機械を使ってはがしとる感じなんですが、

やはり欠けたり、割れてしまうこともあります。

特にテストピースの表に流れやすいと書かれている釉薬をかけるときなどは、
僕たちにもう一度、声をかけていただければ
少しは防げるかなとは思います。

あとはどこまで釉薬をつけるか+いらない部分はスポンジなどできれいにふきとる。
ということも忘れないようにお願いします。


この作品ですが、           
きれいにはがせるか、わかりませんが、少しお待ちを。。
                       (正吉)  
スポンサーサイト
プロフィール

tenmabashi

Author:tenmabashi
大阪よみうり文化センター天満橋校の陶芸教室。
スタッフによる教室紹介。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。