FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清々しさとピンク

ときどきやってくるポカポカ陽気の一日は、いつもはこわばっている背中の緊張が弛んで幸せな気分になります。

今年は本当に寒い冬で、あちこち記録的な積雪だったことは、ニュースでよくみました。

それだけに芽吹く季節が待ち遠しくなりますね。

さて、今回は春といえば…桜の湯飲みをご紹介します。

どちらかと言えばオーソドックスな絵柄で、配色も二色。

釉薬や形が変わっているとかそうした要素もありません。

赤土に白化粧して土灰釉、そして釉上彩という具合にわかりやすいですよね。

要はバランスなのですが、このお湯のみからは清々しさとピンクの可愛らしさで、ふわっと春らしい雰囲気を現しています。

この場合まずピンクを使わない僕には特に感じるのかも知れませんが、ベースのグレーとピンクの合わせはまだまだ工夫が出来る…アリだな~と思いました。

この方は普段は焼締っぽいたいへん渋い作風なのですが、これから着色するような作業にも取り組まれる機会が増えてくるかもしれませんね。

いろいろトライしてみてくださいね。楽しみにしております。

最後になりますが、上絵の窯を近く…お待たせしてすみません…今度こそ本当に焼きます。

ご希望の方は準備をお急ぎください。
さとー

2012030915290000.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tenmabashi

Author:tenmabashi
大阪よみうり文化センター天満橋校の陶芸教室。
スタッフによる教室紹介。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。